スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユパさまの休日

ほのか 「ただいまで~す、あれっ?」

スピカ 「おぉー!ユパさまがいるのだー!!」

236-1.jpg
 
スピカ 「まさかユパさまからお迎えに来てくれるなんて感激なのだ!
     ほっしー、今までお世話になったのだ!」

星 「何する気だお前は・・・」

紫苑 「ちょっと座りましょう。ユパさんの話も整理しなくっちゃ」

ほのか 「わかりましたー」

236-2.jpg

星 「・・・というわけで、
   マチェさんに暇を出されて途方に暮れていた所をうちと紫苑で見つけたわけだ」

ほのか 「え・・・それってクビ・・・あっ!」

ユパ 「いや、気にすることはないさ・・・」

紫苑 「私も最初は耳を疑ったんだけど、嘘を付いてるとは思えないし」

スピカ 「つまり、ユパさまはスッピーの婿に永久就職なのだ!」

星 「アホかっ!

ほのか 「でもでも!やっぱり何かの間違いじゃないですか!」

ユパ 「そうだとしてもな・・・。
    出てきちまったし、戻る気になれねぇんだ」

紫苑 「・・・困ったわね」

星 「とりあえず、しばらくうちに居たらどうかな?
   うちは一人増えたところで大差ない大所帯だから、気にすることもないし」

スピカ 「ユパさまと同s」

星 「お前はちょっと黙ってろ!」

ほのか 「あはは・・・。
     私もそれがいいと思います、どうでしょうか?」

ユパ 「わかった、しばらく厄介になる。
    何か出来ることがあったら、遠慮せず言ってくれ」

星 「うーん、それじゃ・・・」

236-3.jpg

ユパ 「ながれの旦那はああは言ったが、本当にこれでいいのか?」

蓮華 「何よ、体は大きいのに細かいこと気にするわね」

八重 「蓮華ちゃん、失礼だよ~」

ほのか 「ししょーらしいですけどね、”適当に遊んでてくれれば良い”って」

エクレア 「みゅ?」

シュー 「みゅ~♪」

蓮華 「アイツは適当だからそういうことしか言わないわよ。
    だから、こっちから様子を見てつついていかないとダメよ!」

八重 「へぇ~、だからご主人様の無くしたものを、
    いつも最初に見つけてるんだね♪」

蓮華 「なっ!」

ほのか 「あ、そうだったんですね~。
     いつも良く見てるなって」

蓮華 「偶然よ!アイツがあたしに見えるように物を落としたり・・・!」

ユパ 「(あいつと同じだな、素直じゃないところが・・・)」

236-4.jpg

梔子 「ほほほ、流石は傭兵さんですね、素晴らしい筋肉をお持ちで♪」

ユパ 「まぁな、体が資本の職業だ。
    ・・・あいつといると精神の修行も必要だがな」

風 「でも、なんだかんだで楽しそう・・・」

ほのか 「ですよね、いいコンビだと思いますよ~」

ユパ 「そういうもんかい?オレはいい加減勘弁して欲しいんだがなぁ」

梔子 「何でも言える仲とは良いものですわ。
    言葉を作るのに夢中で、何も伝えれないことの方が多いですもの」

ユパ 「・・・そうだな」

236-5.jpg

花梨 「ようへいって何するの~?」
茉莉 「するの~?」

ナズナ 「ダンボールを被ったことはあるのかにゃ!?」

牡丹 「あっちの家で家系やりくりするんは大変やろ!
    そのテクをズバリ教えてくれへんかなぁ~?」

星 「こらこら、一人ずつ質問しなさい!」

ユパ 「ははは、参ったなこれは・・・(こういうのも悪くねぇな)」

236-6.jpg

ユパ 「む、むうっ!?」

紅葉 「あーまた!ユパさま下手だねぇ~」

翡翠 「ほ~れ、お姉さんが代わりにやってあげるよ~?」

ユパ 「ま、まってくれ!もう一回頼む!」

ほのか 「ユパさま頑張ってください!」

星 「普段ゲームとかしない人って、意外にハマるんだよなぁ・・・」

ユパ 「うおおおー!?」

236-7.jpg

紫苑 「さっきはすっかり楽しんでましたね♪」

ユパ 「時間を忘れるってのはああいうことだな」

水仙 「・・・紫苑姉さま、お客人に家事を手伝って頂くのは」

紫苑 「いいのよ水仙。
    たまには男手がある方が、いつもと違うことが出来て良いわ」

ユパ 「旦那は手伝ってくれねぇのか?」

紫苑 「自分が関わるとまずくなるって言ってね、手は出さないのよ」

水仙 「そういえば、ユパ殿は家事全般をこなしておられるとか」

ユパ 「そうだな、あいつに料理だけはさせれねぇし。
    男が料理なんて、お前さんは恥ずかしいことだと思うか?」

水仙 「いいえ、人それぞれ役割は自分で見つけるもの。
    決め付けるようなものではありません」

紫苑 「そうね、私たちもユパさまも、同じことを考えてやってるだけよ♪」

ユパ 「・・・そうだな。そう考えるとあいつらが不安になってきたな。
    晩飯大丈夫だろうか、鍋とか破裂したり、怪しいキノコ料理してなきゃいいが・・・」

紫苑 「くす、やっぱり帰ったらどうかしら?」

水仙 「私もそれが良いと存じます」

236-8.jpg

ほのか 「やっぱり帰るんですね」

星 「まぁ、それが一番だよ」

ユパ 「すまねぁな旦那、短い間だが世話になった!」

スピカ 「よよよ・・・ユパさまはスッピーを見捨てるのだ・・・」

桔梗 「スピカよ、目薬が机にあったのだが・・・」

リネ 「また来るよね~?」

サルビア 「(こくこく)」

ユパ 「ああ、またいつか邪魔させてもらうぜ。
    それじゃあまたな!」







紫苑 「・・・夕飯作りすぎたわね。しばらくはカレー三昧かしら?」

comment

Secret

No title

>マチェット

な、なんてあっとほーむっ∑
全私が号泣しました><ノ

ってか家事キチンとしてますよ!?
ファーストクラスですよ??

んー、SSつきですとやっぱり臨場感がありますねぇ♪
今度スピカちゃんお誘いしたときは私もやろぉーっと(パクリ宣言)

PS.今度の大富豪・・・決勝で待つ!!

No title

おや、お早い反応でw

毎度のことながら、自分のやりたいように書きなぐりました!(ぁ
ファーストクラス・・・うぅーん、ま、それは置いておきましょう!

決勝で待つ!!
プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
フリ鯖のペット馬鹿ブリーダー
旧・ペット一覧
ユーザイベント応援します
旧・イベントレポート一覧

ついったー
メモ帳
ネコマタ同盟


めげんな。の会
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。