スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンHG外伝日記2 ~伝説のポケモンの扱い~

ポケモンの世界には一つの伝統ある風習がある。

それは、タイトル毎に必ず3匹の伝説のポケモンと、
作品の根底に関わる2匹のポケモンが存在する。

しかし、ながれ星は基本的にこれらのポケモンには見向きもしない。
バランスブレイカーな能力や技構成なのもさることながら、

あまり可愛くないからだ!(ダイパの湖ポケモンは例外)

そんな出番すら奪われた伝説のポケモンたちの裏話を想像してみた・・・。
 
entei.jpg かざんポケモン エンテイ

suikun.jpg オーロラポケモン スイクン

raikou.jpg いかずちポケモン ライコウ

彼らはエンジュシティの焼けた塔で長き眠りについていた。
自らを従えるべき主に出会う、その日まで・・・。

これは、そのほんの少し前。
目覚めた3匹のポケモンたちのお話。







エンテイ 「オイ!聞いてくれよ!今回のトレーナーは炎タイプ好きだってよ!」

スイクン 「そうなのですか、ようやくあなたにも出番が・・・」

ライコウ 「スイクンはいつもさりげなく酷いこと言うね」

エンテイ 「(聞いてない)うぉー!炎の牙が唸るぜ!」

※炎の牙:物理威力65 正直言って技としては弱い部類。
  物理特化のエンテイ唯一のタイプ一致物理技だが、
  ぶっちゃけ特殊威力120の大文字の方が威力は高い。

スイクン 「そんな技捨てなさい・・・ストーンエッジのがいくらかマシよ」

ライコウ 「彼なりのポリシーなんだから、そっとしておいてあげようよ」

エンテイ 「そうとも!オレとブースターだけのアイデンティティよ!」

※炎技には、物理威力120(炎の牙の約2倍)のフレアドライブという技がある。

  しかし、エンテイとブースターはこの技を覚えない

  何の為の物理特化ステータスなのか存在意義すら疑われることもあり、

  一部のプレイヤーは、この2者を唯一神・唯一王と呼んでいる。

スイクン 「まぁせいぜい頑張りなさい。
      あなたが使われるほど、岩地面対策に私の出番も増えるわ」

ライコウ 「あ、ずるいよスイクン。
      水タイプが出てきたときの為にボクの出番も頂戴よ」

エンテイ 「まぁまぁ!3匹仲良くいこうじゃねぇか!がっはっは!」

スイクン 「あなたがいると暑苦しいのよ、ハブられて大人しくしてればいいのに・・・」

ライコウ 「黒い、黒いよスイクン・・・」







エンテイ 「お、上が騒がしいな!いよいよご主人の登場か!?

スイクン 「はいはい、貴方たちの出番はまだよ。
      ここは私の出番なんだから、とっとと散りなさい」

ライコウ 「それじゃ、後はスイクンに任せてボクらは行くよ」

エンテイ 「早く捕まえに来いよ!絶対来いよ!」

ライコウ 「ほら、いくよエンテイ」

スイクン 「やれやれ・・・」

goldhossi-5.jpg 星 「お、いたいた。スイクンだね?」

スイクン 「そう、私がスイクン。あなたの力を試し、答える・・・」

星 「うん、とりあえずジム戦のフラグが立たないから、
   ちゃちゃっとどいてね

スイクン 「・・・ふふ、面白いわねあなた。エンテイと今すぐにでも会わせたいわ」

星 「残りの2匹の1人だっけ?
   ごめんだけど、うちは興味がないからなぁ・・・」

スイクン 「それでいいのよ、私も捕まるのは好きじゃないわ」

星 「ボックスに残されるだけだもんね。自由な方が幸せなことだってあるよ」

スイクン 「あなたのこと、少し気に入ったわ。よければまた会いましょう」

星 「・・・イベント戦は勘弁してね」

スイクン 「どうかしらね?」







きっと素のうちならこんな会話になるに違いない・・・。

comment

Secret

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
フリ鯖のペット馬鹿ブリーダー
旧・ペット一覧
ユーザイベント応援します
旧・イベントレポート一覧

ついったー
メモ帳
ネコマタ同盟


めげんな。の会
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。