スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンHGプレイ日記page5 ~激戦!キキョウシティ!(後編)~

☆★もくじはこちら★☆

-32番道路-

goldhossi-4.jpg星 「よっし、ここだここだ!」
 
maguhonoka-2.jpgほのか 「草むらにつきましたけど、狙いはもう決まってるんですか?」

otabia-2.jpgサルビア「・・・?」

星 「ああ、メリープとハネッコをゲットする。
   って言ってもほのかたちには分からないよな・・・。
   えっと、羊みたいなのと、ピンク色の空飛ぶカブみたいな子だよ」

ほのか 「うぅー・・・ん。とりあえずそれらしいのを探しますね」

サルビア 「・・・!(くいくい)」

星 「んん?どうしたサルビア?」

yae-pu.jpg

星 「め、めめめめ・・・」

ほのか 「あ、居たんですね~」

星 「めるぅぃぃぃぃぃいいいいいいいっぷ!!!

-ダッ!!

ほのか 「ってししょー!?」

星 「もふもふー!!」

-ガバッ!!

メリープ? 「いや~~ん!でんきしょっくー!」

星 「あばばばばば!!

ほのか 「あれ、その声・・・八重さんですか!?」

yae-pu-2.jpg八重桜 「正解だよ~!私も来ちゃった♪」

星 「びりびり~・・・」

サルビア 「・・・(ちょいちょい)」

ほのか 「えっと・・・まひなおしっ!!」

星 「はっ!治った!?てかそれポケモン用なのにっ!?

siokko.jpgハネッコ? 「ふふっ、どこへ行ってもあなたは相変わらずね♪」

星 「・・・わかってて様子見なのか?紫苑」

siokko-2.jpg紫苑 「ええ、案の定ハメを外してるみたいで安心したわよ」

ほのか 「あはは、ししょーの狙いそうな子はお見通しってことですね♪」

星 「むぅ、これは絶対翡翠が手引きしたな・・・」

サルビア 「(こくこく)」

紫苑 「さぁ、ここからはゲームのルールに則るわ。私たちを捕まえて御覧なさい♪」

八重 「こっちも気絶させる気で行くからね~」

星 「2対2ってわけか、やってやろうじゃないの!
   ほのか!サルビア!行くぞ!」

ほのか 「はいっ!」

サルビア 「(ぐっ!)」







(数分後)

紫苑 「ほのかちゃん強いわね~、全然歯が立たないわ」

ほのか 「そんなことないですよー、相性が良かっただけです!」

八重 「あたしはちょっとレベル上げてたから、いけると思ったんだけどなぁ~」

星 「野生が野生倒すなよ・・・ルール破りだろそれ・・・」

サルビア 「(こくこく)」

紫苑 「さ、私たちはもう瀕死、ボールを投げるなら今のうちよ」

八重 「今なら動かないよ~」

星 「それじゃ、これからよろしくな、っと!」

ほのか 「メリープとハネッコ、ゲットですね!」

星 「台詞を取るな、台詞を!」







-キキョウジム-

星 「たのもーっ!」

紫苑 「あなた、いまどきそんなベタな登場は・・・」

ほのか 「あれー?誰もいないですよー?」

八重 「あ!何かあそこにスイッチがあるよ!」

星 「押してくださいといわんばかりだな・・・ぽちっとな

-ウィィィィィーン!

ほのか 「わわわっ!床が上がっていきますよ!」

星 「エレベータになってたのか!」

-ガチャン!

hayato.jpgハヤト 「よく来たな!オレがジムリーダーのハヤト!」

星 「うちは流れのトレーナーながれ星!ジム戦を挑みに来ましたよ!」

ハヤト 「いいだろう!このキキョウジムは飛行タイプのジム!
     飛行タイプは電撃でイチコロだなんて考えは俺が許さない!
     勝負は2対2だ!華麗なる空の舞、その目で見るがいい!」

星 「流石はジムリーダー・・・電気は八重がいるけど、油断はできなさそうだ。
   ここはレベルも高いほのかと八重で・・・ってあれ?」

ほのか 「がくがく・・・高いとこ怖いよぉ・・・」

紫苑 「・・・ほのかちゃんは無理そうよ」

星 「(仕方ないか・・・)よし!こっちの2匹は決まった!」

ハヤト 「ならばバトル開始だ!ゆけっ、ポッポ!」

星 「八重!速攻で行くぞ!」

八重 「りょうかーい!でんきショックー!!」

ハヤト 「くっ、だが一撃では落ちんぞ!砂かけだ!」

八重 「わぷぷっ!前がぁ~!」

星 「(勝負は2対2、八重は最後まで無傷で置いておきたい・・・)
   サルビア!交代だ!」

サルビア 「・・・!(こくり)」

ハヤト 「思い通りにはさせんぞ、ポッポ!さらに砂かけだ!」

サルビア 「!?(わたわた)」

星 「大丈夫だサルビア!(相手は瀕死、一発当たれば・・・!)
   いいか?うちの合図で攻撃するんだ!」

サルビア 「(こくこく)」

ハヤト 「空を舞うポッポにオタチの攻撃が当たるかな?
     ポッポ!風おこしだ!」

星 「(攻撃を当てるなら相手の攻撃中しかない・・・!)
   サルビア!風の音のする方へ電光石火!!」

サルビア 「(ダッ!)」

ハヤト 「くっ、避けろ!」

星 「風は急には止まないよ!

ハヤト 「ポッポ!!・・・戻れ、お疲れ様だ」

サルビア 「・・・!(ぶいっ!)」

星 「よっしゃ、よく当てたサルビア!」

ハヤト 「なかなかやるようだが、次もそうはいかないぞ!
     ゆけっ!ピジョン!」

星 「(サルビアはもう無理だ)八重、交代だ!ここは決めるぞ!」

八重 「任せて!」

ハヤト 「今度は電撃は打たせん!体当たりだ!」

星 「・・・!速い!」

八重 「きゃぁ!」

星 「八重!・・・にでんきショックだ!」

八重 「えっ!?・・・あ!わ、わかったよ!」

ハヤト 「さぁどんどん行くぞ!体当たり!」

八重 「でんきショックー!!」

-シーン・・・

ハヤト 「・・・?一体どこを狙ってる!ピジョン、体当たりだ!」

星 「ふふ、メリープの体毛は電気を帯びる」

-バチバチバチバチッ!!

八重 「触れると感電しちゃうよ~」

ハヤト 「しまった・・・!ピジョンの動きが・・・」

星 「やられた分のお返しだ!でんきショック!」

八重 「きゅうしょにあたったー!こうかはばつぐんだよー!」







星 「ふぅ、無事に1個目のバッジ・ウィングバッジをゲットだな」

ほのか 「はぁ~・・・やっと下に降りれましたぁ・・・」

八重 「あはは、ジム戦あんなに意気込んでたのに~」

ほのか 「うぅー、次です!次のジムでは大暴れですよ!」

紫苑 「あらあら、楽しみね♪」

サルビア 「(こくこく)」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆スッピーの次回予告コーナー☆

ついに最初のジムを突破し、次の町を目指し旅立つほっしーたちを待っていたのは、
謎のタマゴと謎の遺跡!謎だらけなのだ!
次回 「アルファベットとチョゲプリーふしぎなタマゴ」 に続くのだ~!

○現在の星パーティーの状況○
ほのか マグマラシ♀Lv15
サルビア オタチ♂Lv10
やえ メリープ♀Lv13
しおん ハネッコ♀Lv6

◆素材提供◆
ポケ書さま(http://www.pokesho.com/)
PET LOVE同盟さま(http://777.lovesick.jp/petlove/)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

comment

Secret

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
フリ鯖のペット馬鹿ブリーダー
旧・ペット一覧
ユーザイベント応援します
旧・イベントレポート一覧

ついったー
メモ帳
ネコマタ同盟


めげんな。の会
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。